Francesco Cafiso

2007/11/10
jazz 6
Francesco Cafiso/New York Lullaby
イタリア生まれのアルトサックス奏者。彼のCDを買ったのはこれが最初ではない。最初に買ったのはHappy Timeという輸入版CD。何の予備知識もなくCDジャケットが気に入って衝動買いをした。これがとても良かった。題名のとおりとてもハッピーなCDだった。
そこで次にかったCDがこれ。これが日本でのデビューアルバムとのこと。そしてこのCDのライナーノートをみてビックリ。2005年のレコーディングで若干16歳の時の演奏。日本でいえば、4年前までランドセルを背負っていたということだ。16歳でこんな音がだせるのだろうか。

「おまえ、16歳で人生の何を知っているんだ」というのが感想。

サックス王子とでもいうのか。おそるべし16歳。おそるべしフランシスコ・カフィーソ。


cafiso-1
スポンサーサイト



Comments 6

There are no comments yet.

NK

そんな偶然、嘘くさく聞こえるので、やめようかと思いましたが、書きます。 今まさにこれを iPod Touchに取り込んでいたところなのです(^^♪

2007/11/11 (Sun) 08:35

コロ

NKさん

昨日帰りに貰ってきたα700のカタログをjazzでも聞きながら見ようと思って久しぶりにこのCDを手にしたついでにアップしました。

すごい子ですよ。まだ「子」ですよ。

NKさんの過去に記事を見ていて、カメラの横にKind of Blueが置いてあったのでjazzを聞くんだなと思っていました。

α700には若い人がたむろっていました。おっさんは相変わらずNikon、Canonでした。

2007/11/11 (Sun) 10:08

ほうじゅん

はじめまして。
Happy TimeをiTunesで購入して聴いて感動しました。
New York LullabyとSeven Steps To Heavenとどちらを買うか迷った結果、Seven Steps To Heavenを買いました。

New York Lullabyもお金に余裕が出来たら購入したいと思います。
ちなみに私が始めてJAZZを聴いたアルバムです。

2007/11/11 (Sun) 23:59

コロ

ほうじゅんさん

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

すごいですよ、この子は。
自分はほとんど家でしか聞かないのでCDです。Happy TimeのCDジャケットで買ったのですが、その写真では25、6歳だと思いました。でもリラックスしているジャケットの中の写真は子供でした。
Seven Steps To Heavenも持ってます。今のところはずれはないです。たぶん誰かのコピーをしようという気持ちなど一切なく思うまま奔放に吹いているのがいいのでしょう。

あと自分は澤野工房のjazzが好きです。ピアノトリオが中心ですがとても聞きやすいjazzです。

2007/11/12 (Mon) 08:02

ほうじゅん

私はほとんどが車で聴きます。
アパート暮らしなので、音量に気を使うので…

気になるアルバムなどはiTunesで1曲ダウンロードします。
それで「ちゃんと聴きたい」と思ったらCDを購入します。
やっぱり音質が全然違いますから。

今度、澤野工房もチェックしてみようと思います。
まだJAZZを聴き始めて半年ぐらいなので詳しくはないですが、よろしくお願いします。

2007/11/13 (Tue) 00:06

コロ

ほうじゅんさん

jazzを聴くようになってから随分経ちますが論評できるような聴き方はしていません。ですのでその曲の題名などほとんど知りません。ただ自分にとって心地よいかそうでないかで決めています。

自分もjazzを聴くときはあまり大きな音で聴きません。最近はバックミュージックです。それでも若いころはjazz喫茶の大きなスピーカーの前に座っていました。

オーディオも持っていたものを処分して、小さな昔欲しかったkenwoodのK'sを中古で手に入れて聴いています。デザインが気に入っています。

昨日はウラジミール・シャフラノフ・トリオのEASY TO LOVEというCDを買ってきました。シャフラノフは自分のお気に入りでほとんど持っています。

澤野工房はホームページでいろいろ視聴できますよ。
http://www.jazz-sawano.com/

2007/11/13 (Tue) 08:25
jazz